男性

インフルエンザに負けない健康ライフ|感染しないためのケア

効果的な治療

悩む女性

高熱の症状はインフルエンザの特徴と言えます。病院を受診する際にはしっかりとマスクを使用し、感染を予防した上で検査を受けることが大切です。現在では効果的な治療薬も多くなっているので、早い段階で受診すれば症状をしっかり抑えて完治させることが出来ます。吸引型の治療薬は一回の服用で効果があるので、症状に気付いた時点で治療するようにしましょう。

インフルエンザはウイルスが体内に侵入してから約3日ほどの潜伏期間を経て発症します。しかし潜伏期間中もウイルスを媒介する可能性があるので、感染予防にはマスクが最適です。感染経路の多いインフルエンザにはマスクによる予防が期待出来ないとも言われているのですが、自身が感染者の場合にはマスクによって他人にウイルスを移さないという対策が可能です。また、ウイルスの潜伏期間中や発熱から時間が経っていない場合、検査を行なってもウイルスが検出されないことがあります。この場合には医師の判断で治療をするかしないか指示されるため、状況に従うと良いでしょう。学校や会社を休んで療養することが大切なので、完治したかを判断する際は医療機関で再検査を受けることが大切です。

インフルエンザのように感染力が高いウイルスはたくさんあります。しかし適切な予防をしっかり行なっていれば感染リスクを限りなく低くすることが可能です。身近な人が感染してしまった場合などでも正しい対処を行なえば症状を抑えられるので、自身の身を守るためにも正しい知識をつけるようにしましょう。