男性

インフルエンザに負けない健康ライフ|感染しないためのケア

インフルエンザの症状

マスクをするウーマン

予防を徹底していても、免疫力が弱まっている高齢者・乳幼児はインフルエンザのウイルス感染の脅威に晒されてしまいます。疲労やストレスを抱えている場合にも免疫力は弱くなってしまうものです。そうした状況だと普通の風邪にもかかりやすくなるので、体調管理はしっかりと行ないましょう。手指用除菌アイテムなどを活用して普段からケアを徹底していれば、免疫力の強い体になれます。しかしどうしてもインフルエンザに感染してしまった場合には、適切な治療を受けることが大切です。

インフルエンザに感染すると、38度を越える発熱に侵されます。人によっては40度近い高熱が出ることもあるので、その場合には出来るだけ早く病院を受診する必要があるでしょう。高熱が現れるのはインフルエンザの特徴とも言えるポイントなので、発症には比較的早めに気付けます。また、関節痛や悪寒が激しくなるものインフルエンザの特徴です。倦怠感も伴うことが多いので、完治するまでは安静にすると良いでしょう。

健康的な体であれば感染しても特に心配はありません。しかし高齢者や乳幼児はインフルエンザが原因で命の危険に晒されることがあります。40度近い高熱は脳に障害を残してしまう可能性も高いので、免疫力や体力が低下している人は感染に注意する必要があります。高齢者や乳幼児はワクチン接種が難しいこともあるのですが、周りの人がしっかり感染予防をしてあげることが大切です。症状によっては入院が必要になるケースもあります。症状が現れたら医療機関を受診し、早めに治療を開始するようにしましょう。