女の人

インフルエンザに負けない健康ライフ|感染しないためのケア

感染症の知識をつける

男性

寒くなる時期に脅威となる感染症がインフルエンザです。同時期にはノロウイルスの感染者も爆発的に多くなるので、12月から3月頃までは特に注意が必要でしょう。丁度受験シーズンであるということもあり、教育現場などでは対策が行われるようになります。会社のように集団活動を行なう機関でも相応の感染対策が行われるのですが、それでも国内の感染者は毎年多くなりがちです。冬になると全国的に空気が乾燥します。ウイルスはこうした環境で広がりやすいため、冬場は出来るだけ人混みを避けるということも大切です。しかし、通勤や通学のためには電車・バスのような交通機関を利用しなければいけません。職場や学校でいつのまにか感染が広がってしまうという可能性もあります。インフルエンザは一般的な風邪と比較すると感染力はかなり高いため、しっかりと対策を行なう必要があるのです。

インフルエンザは数年ごとに新型のウイルスが発見されています。新型ウイルスはワクチンに対する耐性を持っていて、予防接種では感染を防ぐことが出来ません。A型ウイルスは変異しやすいという特徴を持っているため、感染が広がるうちに新らしいウイルスが出来上がってしまいます。インフルエンザが流行する原因は気候やウイルスの変異が原因として考えられるので、予防接種を受けたからと言って安心するのではなく、自分で行なえる範囲の感染対策を徹底することが大切だと言えます。予防法の他にも症状や治療法といった知識をつけておけば、いざという時安心でしょう。

予防効果を高める方法

ウィルス

様々な感染経路があるインフルエンザを予防するなら、マスクの着用や手洗いの徹底が必要不可欠になります。市販の除菌アイテムを利用するもの効果的なので、併せて利用すると良いでしょう。

More Detail

インフルエンザの症状

マスクをするウーマン

インフルエンザに感染してしまった場合、40度近くにもなる高熱、または関節痛や悪寒などの症状が現れます。乳幼児や高齢者にとってかなりの脅威になるので、適切な治療を早めに受ける必要があります。

More Detail

効果的な治療

悩む女性

インフルエンザはウイルスの潜伏期間を経て発症します。発熱に気付いたら感染対策を行なった上で医療機関を受診しましょう。現在では効果的な治療薬による治療が可能です。

More Detail